ハイフとは?京都のエステでも人気のハイフのメリット、デメリット

痩身エステで人気の「ハイフ」を詳しく解説!

ハイフ(HIFU)とは、現在もガン治療に用いられており、メスを入れずにがん細胞を破壊できる医療機器です。

ただ痩身エステでのハイフは、その性能を利用してがん細胞ではなく脂肪細胞を破壊するマシン、として扱われています。

脂肪吸引手術のように肌に傷をつけることもなく、跡も残らないので人気の施術となっているんですね!

ハイフは人体に効果をもたらす範囲に調整された超音波を使い、皮下にある脂肪細胞を熱ダメージによって破壊します。

破壊された脂肪細胞は、マクロファージの分解を経て無事に体外へと排出されるので、綺麗サッパリ落とすことができます。

痩身効果の実感については、早い人であれば施術当日にすぐ感じられると言われています。

ただ普段からリンパの流れが滞っている人などは、老廃物の排出に時間がかかってしまうので、効果実感までが長くなります。

そういった人では翌日〜およそ2、3週間で効果実感と、かなり個人差が大きくなっていますね。

より早く効果を得たいという人は、普段からなるべく代謝をよくしてリンパの流れを整える生活を心掛けましょう!

ハイフで痩身するメリット

1: 効果実感までが早い

前項で挙げた通り、早い人は当日中にも「体が少し変わったな」と実感できるでしょう。

ただ多くの人はリンパの流れが滞っていたりするものなので、数ヶ月の時間は必要です。

それでも、そもそも数ヶ月で痩せられる施術は少なく、出来るだけ早く痩せたい!と考えている人にはうってつけですね。

2: リバウンドが起きない

無理な食事制限とは違って、無理なく脂肪細胞を破壊・排出という痩身メニューなので、リバウンドが起きません。

もちろん、その点に安心してたくさん間食などをすると普通に体重増加の可能性があるので、努力は怠らないようにしましょうね!

3: たるみの心配がない

こういった「脂肪細胞を減少させる」タイプの施術は、術後の皮膚がたるむデメリットがありました。

しかし、ハイフであれば代謝の促進効果も同時に得られて肌にハリが出るため、たるみの心配がありません。

引き締め効果も期待でき、本当に多くのメリットがあると感じられますね!

4: 身体にメスを入れない

ハイフで対象とする脂肪細胞は皮下1.3cmにあるもので、なおかつ肌を傷つけることなく施術が行われます。

従来のメスを入れて行う脂肪吸引に比べ、傷がつかずダウンタイムもないので、より気軽に通うことが可能です。

ハイフで痩身するデメリット

1: 痩せ型の人は施術不可

ハイフは皮下1.3cmにある脂肪細胞が対象なのですが、当然それよりも脂肪がなければ施術はできません。

そういった理由から、施術を行うには少なくとも脂肪層が2cm以上なければいけないんですね。

なので、太ってはいないという人がさらなる痩身を目指す場合には、ハイフは目的に即していないでしょう。

十分な脂肪があるかどうか?の判断は自分では難しいので、まずサロンで見てもらうのがオススメです。

組み合わせてオススメ!ハイフ以外の痩身メニュー

  • キャビテーション

    ハイフと同様、超音波を用いて脂肪細胞を破壊する痩身メニューであり、似たような施術となっています。

    ただし、キャビテーションの方がより深部の脂肪細胞を対象としているため、組み合わせることでさらなる効果が期待できるでしょう。

  • ※参照(当サイト解説ページ):京都でキャビテーションがおすすめの痩身エステ&キャビの効果

  • エンダモロジー

    エンダモロジーは、専用のマシンによって全身をがっつりと揉みほぐす痩身メニューです。

    血行促進や、リンパの流れを改善する効果があるので、老廃物の排出ととても相性が良いです。

    ハイフで発生した老廃物を、エンダモロジーの効果でしっかり排出していく組み合わせるはオススメですよ!

  • ※参照(当サイト解説ページ):エンダモロジー@京都にて安く体験できるサロン※痩身効果や注意点は?

痩身エステのお店は京都だといっぱいありますし、普通に検索すると絞りきれないくらいに出てきて迷ってしまいますよね!?まずは安い体験プランを受けるのが一番ですが、そのためのおすすめエステサロンを当サイトで紹介しています。それなりに知名度や人気もあって安心して利用できるようなところばかりですので、いいかも!と思えた京都の痩身エステを回ってみて自分にぴったりなお店を決めてもらえたらと思います!体験プラン自体はホントに安いので、いくつかはしごするのもおすすめですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です